Tuesday,December 12, 2017

「受動的な受け入れ」からの脱却に向けまずはターゲット層の明確化を

ホテルのインバウンド対応で抑えるべきポイントと今後取り組んでいくべき施策、インバウンド需要を見込んだホテル投資・開発の傾向と対策について考える。 これまで...

column

宿泊施設には無償広報が有効

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第20回目は、ソラーレホテルズにおいて広報集客マーケティング担当としてご活躍され...

column talk

第6回 ある特定のターゲットに訴求する適正な露出媒体とは?

ある特定のターゲットに訴求するために、どういった媒体に露出させ、アプローチを行うかについては、宿泊施設においてあまり深く追及されているとは言えません...

column try

ブランドは布教活動の成果

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第21回目は、短期間でブランディングに成功されたザ・ジョージアンクラブの吉村隆郎...

column talk

第5回 宿泊におけるインバウンド比率はどこまでOK?

昨今、どこのホテルも宿泊におけるインバウンド比率が急増しています。インバウンドは予約が入るタイミングが日本人ゲストより早いこともあり、日本人ゲスト比...

column try

誇張とオマケはどこまで許されるか

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第18回目は、財団法人宿泊施設活性化機構の理事(法令順守推進総括)である沼田美穂...

column talk

宴会場こそ収益の源泉たりうる

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第17回目は、財団法人宿泊施設活性化機構の理事(宴会場活用推進総括)であり、株式...

column talk

なんのためのホームページか

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第16回目は、ホームページによる売り上げ向上に尽力されている飯野貴行氏と、日本の...

column talk

安易な改装は無意味です

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第15回目は、ホテル改装デザインチームとして宿泊施設の改装に尽力されている馬渡伸...

column talk

宿泊施設経営は株主思想の反映

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第14回目は、日本弁護士連合会 事業再生プロジェクトチーム座長としてさまざまな宿...

column talk

宿泊施設では広報が有効

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第12回目は、外資系ホテルのプロパティ専属広報責任者としてご活躍されている匿名氏...

column talk

適正な宴会場設備とは

現在の宿泊施設において必要なナレッジを対談形式で語っていく連載。連載第11回目は、イベントオーガナイザーとして活躍されている前野伸幸氏に、宴会場の適...

column talk