Saturday,November 18, 2017

第2回日本宿泊ダボス会議 
3、受賞記念講演

第2回日本宿泊ダボス会議 開催! 報告REPORT

2017年4月24日(月)に「第2回 日本宿泊ダボス会議」が、衆議院第一議員会館の多目的ホールにて開催をいたしました。
第2回はカンファレンスをメインとした内容で、密度の濃い話が繰り広げられ、総勢239名様にご参加をいただきました。
いくつの章にわけて、内容の一部をご紹介いたします。第3弾は「受賞記念講演」。

開催詳細はこちら

第2回 JALF-Award 「宿泊施設未来大賞」 受賞記念講演

東 幸治氏

三井不動産のホテル・リゾート事業戦略について

三井不動産株式会社 ホテル・リゾート本部
東 幸治業務推進室長

都市型からリゾート型、総合ホテルから宿泊特化まで、国内のみならず海外でも展開しており、主要ホテルである三井ガーデンホテルについて説明。
まちづくりにおけるホテル事業の役割として、まちのイメージ向上やブランド構築に貢献するためのホテルの誘致を実施。リゾート事業への再挑戦として、社会の成熟度やグローバル化に対応し、地域の魅力や観光資源を活かした富裕層向けのホテルとして、アマネムの誘致を行った。

  • ホテル・リゾートの量的・質的拡大
  • 街の協力アップや付加価値向上(国際的評価の高いホテルの誘致)
  • 台湾でのホテル事業に進出(台北で2020年に直営ホテルを開業予定)

第2回 JALF-Award 「レベニューマネジメント賞」 受賞記念講演

末岡 俊氏

キャンセル料完全収受による収益改善とリピーター離反管理

株式会社グランビスタホテル&リゾート 営業開発本部
末岡 俊マーケティング部担当部長

GRANVISTA~地域の価値で、未来を変えていく~
事業内容:ホテル・旅館・水族館・SAの運営など
 
「宿泊約款改正」
2014年にインバウンドの2015年10月にすべての館で改正を実施した。

  • オンライン予約(FIT)の増加
  • 訪日旅客の増加(長期滞在)
  • モデル宿泊約款の限界

直前の大量キャンセルの発生、常連客に客室提供ができないうえ、直前の格安セールなど、嘆かわしい状況への対応策として、改正を実施した。
改正後キャンセル率の軽減が図られ、直販比率の向上、従業員の士気の維持、生産性向上に寄与できたのでは。
宿泊約款の変更に伴うクレームなどはあるが、吸収可能な範囲であり、それ以上の効果があったと認識している。


次回は、「シンポジウム「なぜ今さらデザインホテルなのか」の一部を公開。
また詳しい議事録をご希望の方は、JALF会員向けのサービスとしてご提供してございます。

※Google株式会社 陳内 裕樹 観光立国推進部長の講演内容につきましては、Google株式会社との契約により一切の公開が禁じられておりますので、予めご了承ください。